スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊毛フェルト 犬の作り方 柴犬2

柴犬の作り方 2

前回は頭に目をつけた所まででした。

①耳を作ります。
茶色と白を混ぜ合わせた羊毛を、三角形にとり耳の形にスポンジ台の上で形を整えます。
CIMG7310_1332320.jpg

②同じ形の少し小さい白の羊毛をつくり、①で作った茶色の耳に乗せ、ちくちくします。
それを2つつくります。
CIMG7312_1332320.jpg

③耳を位置をよく考えて、頭につけます。
CIMG7315_1332320.jpg
指でカーブをつけ、後から針を刺しちくちくします。
CIMG7316_1332320.jpg
これは後から見た写真です。

CIMG7317_1332320.jpg
両耳をつけるとこのようになります。


④鼻を高くします。
白い羊毛を鼻~口の部分に盛り上げるようにつけ、ちくちくします。
CIMG7326_1332320.jpg

CIMG7327_1332320.jpg
わきから見るとこのようになります。

⑤鼻を作ります。
黒い羊毛を小さく丸め、スポンジ台でちくちくします。
CIMG7325_1332320.jpg

⑥鼻をつけます。
鼻の位置を決め、⑤で作った鼻をちくちくしてつけます。
CIMG7328_1332320.jpg

⑦下あごを作ります。
白い羊毛を下あごのような形にして、スポンジ台の上でちくちくします。
CIMG7333_1332320.jpg

⑧下あごをつけます。
⑦で作った下あごを、口の下の部分にちくちくしてつけます。
このとき、口が開いているような感じにつけます。
CIMG7335_1332320.jpg
脇から見ると、こんな感じ。
CIMG7338_1332320.jpg
前から見ると、こんな感じになるようにちくちくします。

ここまでが大まかな頭の部分です。
次回は、頭の細かいところについてお伝えします。

大体の形なので、まだまだ羊毛はふわふわした状態でも大丈夫です
あと、どのくらい細かく丁寧にするかによって、仕上がりがかなり変わってきますよ。

参考までに、大きさがどれくらい違うかというと、
CIMG7321_1332320.jpg
今の段階と、最後の段階に近いものを並べてみました。
ここまで小さくしないまでも、形はちくちくしていくうちに変更できますので、ご安心ください。

最終的にどういう風にしたいかのイメージを持っておくといいですよ
(私は気に入った柴犬の写真を参考にしています)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スタジオ はむはむ

Author:スタジオ はむはむ
ようこそ(*^。^*)!
仙台在住で、ハムスターと食べることが大好きです。
最近は羊毛フェルトでワンコやニャンコつくりの手芸をしてます。
特におもしろ顔のワンコが大好きです\(^o^)/
よかったら見てくださいね!

ギャラリー
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。